2008年06月18日

くうたら / 牛煮込

土曜の夕方、夕食の準備をしながら流していたテレビで、赤坂の店が紹介されていた。ちょっと美味そうだったので記憶しておき、2週間ほどして行って見たら「売り切れ」の看板。テレビの力はすげーんだな、とありふれた感想を抱いてからさらに1ヶ月。さすがに往時のフィーバーは収束したらしく、誰もいないカウンタでゆっくり食べることができた。

●牛煮込み定食(¥1,000)

ランチメニューはこれだけなので、座ると自動的に注文が確定する。なんとシンプルなシステム。

08-06-18_13-39.jpg

湯飲みが愉快なのでなんとなく撮影してしまった。想像つくだろうが、私は寿司屋の湯呑みが大好きだ。

08-06-18_13-40.jpg

メインは牛すじの煮込み。麦ご飯(お代わりOK)とわかめスープに、温泉玉子と梅干がつく。

08-06-18_13-42.jpg

そして遅れて出てきたキャベツの浅漬け。柚子と唐辛子が効いた味はかなり私好みで、これだけでご飯が進んでしまう。危険危険。

08-06-18_13-41.jpg

煮込みは牛すじのほかに、大根が一切れと肉団子(たぶん素揚げしてある)。予想より全然すっきりした味で、ご飯には適しているが肉の味を殺さない適度な濃さに仕上がっている。

案の定ご飯を煮込みで一膳、キャベツで一膳食べてしまう。ぜひまた来たいのだが、カロリーはなかなか恐ろしい。

味:メインも美味いし、周辺にもいろいろ仕掛けがしてあるので飽きない。
 ★★★☆
値段:「キャベツで一膳」がとても嬉しい。
 ★★★
店内:しっかりした木のカウンタは気分がよかった。灰皿は見当たらなかったが、他の客も見当たらなかった。
 ★★★

web
http://www.artfood.co.jp/wagyuya_akasaka_lunch.html
http://www.tv-asahi.co.jp/hadaka/contents/this_week/0065/

地図

ラベル:おかわり自由
posted by 超ごはん at 13:39| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

赤べこ / 小アジの南蛮漬け

職場から3番目に近い飲み屋に、ここ数ヶ月足しげく通っている。「近いから」という理由だけで選んだのが馴れ初めだが、刺身を中心に料理がなかなか美味い。関西弁の気さくなおばちゃん(「おねえさん」と呼びかけると対応が早い)と、長髪に作務衣のちょっと仙人っぽいおじちゃんが切り盛りしている、気取らない居酒屋だ。

紹介が長くなったが、そこのランチに初挑戦。

●小アジの南蛮漬け定食(¥750)

08-06-17_13-22.jpg

ここのランチの特徴は、とにかく出てくるのが早い。時間がかかる順に麺類>揚げ物>焼き物>煮物なのだが、南蛮漬けはもう漬かっているので当然一番早い。

お惣菜3品盛は全メニューにつくが、内容は日替わりどころか「皿替わり」。同僚と計5人で食べに行ったら、組み合わせは5品目3パターンだった。私のところに回ってきたのは「イカ大根煮」「ソラマメのオーロラソース」「マグロあら煮」。

08-06-17_13-23.jpg

身が厚くしっかりしたアジがカラッと揚がり、地味ながらバランスのいい漬け汁でしっとり仕上がっている。おかずは(おそらく)夜メニュー要員の一部もしくは残りなので、地味ながら手堅く美味い。ごはんと味噌汁はお代わり可能。食後にコーヒーがつく。

ありがちなフレーズだが「早くて美味くて安い」。おばちゃんおねえさんの顔を見てるとビール飲みたくなるんだが、それを我慢すれば気分のいいランチである。

味:地味だがレベル高いと思うんだけどどうだろう。
 ★★★☆
値段:¥750〜¥800が中心価格帯。十分リーズナブル。
 ★★★☆
店内:「居酒屋」。慣れているので採点甘めだが、ランチ時は禁煙にして欲しいものだ。
 ★★☆

web
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000643945/

地図
posted by 超ごはん at 13:22| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

會水庵 / 焼穴子玉子ふはふは / 再訪

先日どんぶりに感動し、独りで再訪してきた。

●焼穴子玉子ふはふは(¥1,400)

08-05-30_13-32.jpg

プレーンな穴子丼が¥1,200なので、「玉子ふはふは」部分が¥200。小鉢はきんぴらともやしサラダ。

うす甘く文字通り「ふはふは」に焼きあがった玉子が、身が引き締まり脂の乗った白焼きの穴子にのっかっている。玉子とは方向の違う、上品だが物足りなさは感じさせないタレがかかり、アクセントに刻み海苔が飾られる。

ああ、書いていても腹が減る。

08-05-30_13-33.jpg

この日も幸い並ばずに座れたのだが、入ってから食べ終わるまでに1人客が3人、2人組が1組、3人組が2組満席で断られていた。なるべく少人数で行くか、席がバラけても気にしないという方針を事前に打ち合わせるべきだろう。

次回は「焼とりそぼろ丼」の予定。今から楽しみだ。さていつ行こう。

【前回】
ラベル:再訪 穴子
posted by 超ごはん at 13:32| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

會水庵 / しらすと焼いわしの親子どんぶり

同僚にランチに誘われた。ちょっと高いけど味は保証するよ、と言われて歩き出したのは、泊まり慣れたカプセルホテル方面。こっちに食事するところなんてあったっけ?と思いながらついていくと、見落としがちな路地にいくつか飲食店が集まっていた。

その中の一軒のカウンタにぎうぎうと詰め合わせて座り、調理行程を逐一眺めながら待つこと10数分。出てきたのがこちら。

●しらすと焼いわしの親子どんぶり(¥1,200)

08-05-22_13-11.jpg

揃う前に撮影してしまったのだが、これに味噌汁がつく。小鉢は風呂吹き大根と山菜の煮物、それにとろろ。どんぶりはしらすと焼いた鰯。ご飯に軽くタレがかかり、梅干が乗っている。やっと来た来た腹減った、とまずはしらすを口に運んだら、軽く感動した。

08-05-22_13-12.jpg

しらすふわふわー!ちゃんと魚だって実感できるほど大きく、ほんのりした甘みがある。しらすってこんなにありがたい食い物だったっけ?

鰯もうまい。香ばしく焼けた外側、ふんわり適度に脂が乗った身。親子を交互に、時には一緒に口に運び、半分ほど食べたらとろろをぶっかける。時々梅干をつつきながら、一心不乱に食べつくした。

小鉢も味噌汁もうまく、「きちんとしたものを食った」という満足感を十二分に味わうことができた。しばらくジャンクな食事を続けていた自分を少し恥ずかしくすら思いながら午後の仕事に戻ったのだった。

ランチメニューは大別すると「鰯」「穴子」「鶏肉」3種類のどんぶり。次は同僚が隣で食べていた穴子を注文せねば。

味:こんな店があるなら、遠くて混んでる赤坂勤務も捨てたもんじゃない。夜も来なくちゃ。
★★★★☆
値段:金額だけ見ると決して安くはないが、味を考えると妥当。むしろ安いぐらい。
★★★☆
店内:いい雰囲気だが狭い。奥に小上がりがあるらしいが未確認。灰皿は見当たらなかった。
★★☆

web:
http://www.geocities.jp/kaisuian/

地図
posted by 超ごはん at 13:11| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

松乃家 / カツ丼 / 再訪

店頭のメニューが変わっていたので久しぶりに来店。「ご飯大盛50円」の文字が見えたので、イヤな予感はしていたんだけど…

●カツ丼セット(¥690)

08-03-09_13-04.jpg

カツ丼自体は普通。カツはしっかりしていてよかったんだけど、味付が全体に甘く濃くジャンクな味付。本体の「松屋」を髣髴させるというか。そして豚汁が脂ぎっとぎとで厳しいデキだった。豚汁と漬物で「セット」として200円ぐらい取るくせにこれか。

イヤな予感は的中で、ご飯もキャベツもお代わり自由ではなくなっていた。なんだかんだ言いながら何度か利用したが、これでもう来る理由はなくなったかな…。

【前回】

【追記】値段間違ってました(¥880→¥690)。すまんすまん。
ラベル:カツ丼
posted by 超ごはん at 13:04| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

堂間 / 江戸前穴子天丼 / 再訪

●江戸前穴子天丼(¥1,050)

訪れた時刻は前回とあまり変わらなかったが、この日は無事に食べることができた。運の問題か?

07-12-14_13-36.jpg

穴子一本の天ぷらはボリューム満点。そして厚みのある穴子はふっくらと揚がり、タレも甘すぎない。味・ボリュームとも満足度が高いランチだった。

07-12-14_13-37.jpg

【前回】
ラベル:穴子 天丼 再訪
posted by 超ごはん at 13:36| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

黒提灯 / 豚のしょうが焼き定食

ずいぶん遅くなってのランチタイム。ふらふらと歩いて「ここでいいか」と入ってみたら、カウンタに同僚がいた。

●豚のしょうが焼き定食(¥850)

07-11-06_13-34.jpg

主に仕事の話をしていたので休憩した気がしなかった。

07-11-06_13-35.jpg

味:とにかく甘くてとにかくしょっぱい。おかわり無料・マヨネーズつき・味噌汁がわりにミニうどんというメタボさんにはたまらん内容なのだが。
 ★★
値段:妥当といえば妥当。
 ★★☆
店内:カウンタは割りと広々していたが、薄暗くてランチタイムっぽくはなかった。ランチタイムぐらいは禁煙にして欲しいなぁ。
 ★★


web
http://www.diamond-dining.com/kurochouchin/top.html

地図
ラベル:しょうが焼き
posted by 超ごはん at 13:34| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

弥市 / 煮魚定食

なんとなく店構えに威圧感を感じ(たぶん夜のメニューの価格が原因だ)なかなか踏み込めなかった店にチャレンジしてみた。

●煮魚定食(金目鯛の煮付け)(¥1,000)

とはいえ価格は¥1,000。赤坂じゃ全然普通の値段だろう。何を恐れることがあるものか。結構メニューの種類が多く、迷った末に煮魚定食を頼んだら高らかに「キンメ一丁!」とオーダーを通された。そうか、金目鯛だったのか。

07-11-16_13-29.jpg

ご飯、味噌汁、香の物、小鉢(切り干し大根)に煮魚というオーソドックスな和定食の構成。どれもこれも恐ろしく地味だが、手堅く高いレベルでうまい。激辛だの大盛無料だの、そんな食事を「食い散らかしてきた」自分が情けなくなった。

07-11-16_13-30.jpg

甘辛く、でもしつこすぎない味付でふっくらと煮えている金目鯛。しみじみうまかった。

掲示がなくてわからなかったが、隣のサラリーマンはご飯も味噌汁も気軽におかわりしていたので、どうやら無料である模様。しまった、先に知っていれば…!

味:地味。そしてうまい。濃すぎず薄すぎず、ちゃんと作ってある料理。
 ★★★☆
値段:味を考えれば納得できる。ご飯と味噌汁、おかわりしたかったぞ。
 ★★★
店内:歴史は感じるが、入ってみたら威圧感は特になかった。
 ★★☆

web:
http://www.yaichi.com/

地図

ちなみにここの店主はTBS「噂の東京マガジン」という番組の「やって!TRY(とーらい)」というコーナーで先生として何度も出演している。

TBS | 噂の東京マガジン
http://www.tbs.co.jp/uwasa/

噂の!東京マガジン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%82%E3%81%AE!%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3
ラベル:和食 煮魚
posted by 超ごはん at 13:29| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

堂間 / 特上ロースカツ

実時間では5ヶ月も放置してしまったがまたなんとなく再開。仕事やら引越やらなんだか忙しかったので。
10月に北海道に行く機会があった。その帰りの飛行機で流れていた「東京うまいものめぐり」みたいな番組で、赤坂の居酒屋が紹介されていた。

●特上ロースカツ(¥1,050)

07-10-30_13-26.jpg

「穴子一本天丼」が名物と紹介されていたのだが、13時過ぎに行ったら売り切れとの事。かなりがっかりしたのだが、かわりに頼んだトンカツが予想外に美味だったので納得して帰ってきた。

07-10-30_13-27.jpg

次回はなんとしても穴子を食べなければ。


味:下手なとんかつ屋では太刀打ちできない。
 ★★★☆
値段:まぁ赤坂ならこんなもんか。ご飯お代わり / 大盛無料。
 ★★☆
店内:オープンなキッチンを眺められるカウンタは気分がいい。禁煙ならもっといいのだが。
 ★★★

web
http://www.akasaka-doma.com/

地図
ラベル:とんかつ
posted by 超ごはん at 13:26| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

長太郎 / 角煮定食

職場に新人がやってきたのでランチに連れ出した。ランチメニューを眺めていたらおばちゃんが「あと1人前です」と勧めてくれた角煮定食に思わず反応。

●角煮定食(¥850)

07-10-15_13-24.jpg

ごろっとした豚の角煮に好物の茄子がついてきて嬉しい。定食にはマグロの叩きがつく。そこそこうまいマグロなのだが、煮物とかの小鉢がよかったかなぁ。

07-10-15_13-25.jpg
角煮自体は柔らかすぎずいい煮加減。味の濃さも適度でうまかった。


日替わり定食はすでに売り切れ、角煮も私が食べてしまったので他の面々はみんなうどん。…なんだかうまそうだったので今度はうどん食べないと。


そしてこの店、実は私も入社初日に連れてきてもらったのだ。そのとき食べたのは日替わり(カレイの煮付け)。
07-04-16_13-54.jpg
という話を食べながらしたら、「実は俺も」という同僚がいた。なんだか妙な伝統ができてしまったようだ。


味:角煮も煮付けもうまかったのでうどんにも期待。
 ★★★
値段:赤坂相場を考えると安い。
 ★★★☆
店内:カウンタ、テーブル、小上がり。禁煙ではないので[☆ -1]。
 ★★☆


web:
http://r.gnavi.co.jp/a270000/

地図
ラベル:定食
posted by 超ごはん at 13:24| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

すし築地日本海 / 週変わり定食

「いさご鮨」に続いての寿司シリーズ。「魚がし日本一」に行くつもりだったんだけど、距離に負けた。

●週変わり定食(鯖の五色野菜あんかけ)(¥1,000)

07-10-01_13-07.jpg

握りが8貫におかず(たぶんこれが週変わり)、それに味噌汁がつく。

07-10-01_13-08.jpg

おかずは鯖の塩焼きに野菜あんかけをかけたもの。写真ではわかりにくいけど鯖は2切れ。あんかけはあっさり味でなかなかうまかった。

07-10-01_13-06.jpg

寿司は…目の前で板さんが握ってくれたものなんだけど、どうもスーパーの寿司コーナーみたいな印象が強かった。

ということで前回に引き続き赤坂での寿司運は回復しなかった。今度こそ。

味:イクラだと思って楽しみにしていた軍艦が筋子だったのにはちょっとがっかり。
 ★★
値段:妥当といえば妥当。
 ★★☆
店内:カウンタとテーブル、ランチタイムは禁煙の表示。
 ★★★

web:
http://www.daisyo.co.jp/gyoutai/etc/tsukiji.html

地図

ラベル:寿司
posted by 超ごはん at 13:06| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

いさご鮨 / 特盛にぎり

昼も夜も外食が続いている今日この頃。ちなみに朝食も「吉そば」とか「大戸屋」とかが増えてるぞ(泊まり明けで)。「やすべえ」にはこの2週間で3回行ってるぞ(ネタ切れで)。

そんな状態で赤坂通りをへろへろと歩いていると、寿司の看板が目についた。ランチメニューは無理のない値段。よし、試してみるか。

●特盛にぎり(¥980)

07-09-21_13-56.jpg

もうすぐオーダーストップという暇持て余し気味な時間帯、板さんが二人がかりで握り進めてくれたのは全部で10貫+巻物少々。「特盛」はちょっと言いすぎだが、ボリュームは悪くない。写真撮り損ねたが味噌汁がつく。

味は…まぁこんなもんか…なぁ。ネタは小ぶりで、悪いものじゃないが決してよくもなく。シャリもあわせて小ぶりで、マグロを食べようとしたら真っ二つに折れた。食べながらの印象は「覇気のない寿司だなぁ」。

粛々と食べていたら店内の張り紙に気がついた。来週閉店して別業態(和食割烹)に改装するんだそうな。なるほど覇気がないのはそういう理由だったのか!とひとりで納得し店を出た。千円のランチ寿司は「魚がし日本一」がなかなかよかったので期待していたのだが…って、赤坂にもあるじゃないか。今度行ってみよう。

味:ガリがあんまり美味しくなかったのでマイナス[☆]。
 ★☆
値段:妥当といえば妥当。
 ★★☆
店内:ごくふつう。禁煙表示はなかったが灰皿もなかった。
 ★★☆

web:
http://www.isago.jp/

地図

そういえば以前、とある理由でここの仕出を食べたんだった。もっと早く思い出すべきだったかしら。

07-08-22_11-54.jpg
ラベル:寿司
posted by 超ごはん at 13:56| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

松乃家 / 特選とんかつ定食 / 再訪

いろいろ書いたわりにはすぐ再訪。同僚にちょっと相談ごとがあったので、近くて空いてるところがよかったという事情もあったので。

●特選とんかつ定食(¥780)

07-09-06_13-21.jpg

ご飯・キャベツはお代わり自由。とんかつはたぶんカツカレーに乗ってきたのと同じものだな。とある恐怖感さえ払拭できれば悪くない選択肢。

前回
posted by 超ごはん at 13:21| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

しな川 / 天ぷら定食

同僚に誘われて食べてみたのは、地下なのでちょっと入りにくい感じの天麩羅屋。中に入ると席は全部座敷で、おばちゃんがぱたぱたとランチのラッシュをさばく、ごく普通の店だった。

●天ぷら定食(¥1,050)

07-06-29_12-04.jpg

天麩羅はキス、海老2尾、野菜いろいろ。ご飯お代わり自由。

技巧を凝らしたとか上品に塩で食べるとかじゃなく、店の雰囲気と同様ごくごく普通の天麩羅。でもそれがいい。もちろん綺麗に揚がってるし、ネタも悪くなかった。

07-06-29_12-05.jpg

座敷に上がってゆっくり天麩羅を食べ、ゆっくりお茶を飲む。ランチの休憩としては大変気分がいい過ごし方である…煙草に火をつける輩さえいなければ。

味:家で揚げ物は作らないので、天麩羅というだけでちょっと甘め。
 ★★★☆
値段:まぁこのぐらいはしょうがないか、天麩羅だから。ちょっと甘めだけど。
 ★★★
店内:畳敷きの座敷は気分がよく、食後そのままごろーんと寝そうになる。禁煙にさえしてくれれば…。
 ★★


web:
http://www.akasaka-shinagawa.com/

地図
ラベル:天麩羅
posted by 超ごはん at 12:04| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

浜の母や / 本日の日替わり

仕事には慣れてきたが赤坂ランチには慣れていないこの頃。魚ものが充実したランチメニューの看板に惹かれて、地下への階段をとことこ降りてみた。

●本日の日替わり(¥750)

07-06-18_13-46.jpg

「魚ものが充実」に惹かれたの、気がついたら脊髄が「日替わり」を頼んでいた。空腹に負けるにもほどがある。

味はごく普通、見たとおりの肉野菜炒め。味噌汁・ご飯がおかわり自由、食後にドリンクまでつくのがありがたい。店内はピーク後のゆるい空気だったので、こちらも遠慮なく来るときに買った文庫本を読ませていただいた。読書にはちょっと暗い照明なんだけど。

味:今度こそ「魚もの」食べないと。
 ★★☆
値段:この辺の平均単価を考えるとおかわり自由で財布にやさしい。
 ★★★☆
店内:居心地は悪くない。が、せめてランチタイムは禁煙にしてください。
 ★★☆

web:
http://isplanning.co.jp/hamaomo/

地図
ラベル:大盛
posted by 超ごはん at 13:46| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。