2008年05月21日

無双 / 赤味噌チャーシュー麺

希須林」「一点張」はたまた「金葉庭」と、麺類プチ激戦区になっている一角に未訪問のラーメン屋がある。日曜含めていつでもやっていて、いつでも空いている印象。なので積極的に利用する気はあまりなかった。

だがこの日は事情が変わった。15時をほんの少し過ぎてしまい、「希須林」で食べられなかったのだ。排骨を乗せるか否かをずっと迷いながら歩いていた胃袋にはあまりにも過酷な仕打ち。気力で支えていた空腹感に押しつぶされ、そのまま最寄の店に沈んでしまった、という次第。

食券の販売機についていたバイト募集チラシで、食べる前に味の想像がついてしまう。そうか…「味源」の系列だったのか…。

●赤味噌チャーシュー麺(¥900)

08-05-21_15-15.jpg

麺:中太縮れ、やや透明感があり。コシはあまりなくぶちぶちした食感。
スープ:赤味噌に香辛料が入りややピリ辛。あまり奥深さも特徴も感じられない。
具:海苔に能書きが書いてあるが大きすぎて食べづらい。チャーシューはばら肉を長いまま煮てスライスしたもので、味が濃い。他は青ねぎとメンマ。

08-05-21_15-14.jpg

写真を2枚載せるほどでもないが、ご飯が1膳ついてくる。

うーん、まぁ、こんなもんだろう、なぁ。「天下一」も同一チェーンということを知ったのが収穫だった、のか?帰り道脳内ではこのメロディで「坦々麺食べたかったなあ…」とループしていた。

味:まあ、普通の、街中のラーメン店よね。
 ★★
値段:チャーシュー麺ならこんなんもんか。
 ★★
店内:禁煙なのはいいね。
 ★★

web:
http://www.gmfoods.co.jp/musou/

地図
ラベル:味噌ラーメン
posted by 超ごはん at 15:15| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

油そば 東京油組総本店 / 油そば

毎度おなじみ休日出勤。最近ずっと赤坂駅からの通勤だったが、新宿に寄る用事があったので久しぶりに赤坂見附駅で降りてみた。最後に降りたときはがらーんとした空き店舗だったところに、大きく「油そば」の看板が出ていたので入ってみた。

●辛味油そば(¥680) + スペシャルトッピングB(¥300)

08-03-02_12-52.jpg

タレの上に太目の縮れ麺とトッピングいろいろが乗っていて、酢と辣油をまわしかけてから盛大にかき混ぜて食べる。「味変」用におろしニンニクと柚子胡椒を出してくれるのも嬉しい。

実は油そばって初めてだったのだが、なかなか楽しい食べ物だった。大盛無料なのもポイントだが、今回はあえて並盛を頼んだ。この勇気ったら!

味:ボリュームあり、辛かったりニンニクだったり温泉卵だったり、「ガッツリ気分」のときにはたまらない。
 ★★★
値段:トッピングすると「やすべえ」と同価格。
 ★★☆
店内:狭い。禁煙。順番待ちのベンチと荷物用の棚があるのはいいかも。
 ★★☆

web:
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13046282/

地図
ラベル:油そば 大盛
posted by 超ごはん at 12:52| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

希須林 / 坦々麺 / 再訪

年末もやはり仕事が忙しく、訪問済みの店ばかり行っていた。新年のランチ初めは羽田空港から直行の途中で「希須林」。

●1/7 汁なし坦々麺 5辛(¥900)
財布に千円札が一枚しか入っていなかったので、排骨がのっけられなかった。残念。
08-01-07_14-10.jpg

未記録の再訪も記録しておくことにする。

●12/5 坦々麺 5辛(¥950)、餃子(¥250)
無料サービスのご飯を(勇気を振り絞って)断り、ずっと食べたかった餃子をオーダー。たっぷりした具の大変うまい餃子だった。坦々麺ハーフとかあるといいのになぁ。
07-12-05_22-21.jpg
07-12-05_22-18.jpg

●11/17 辛味モツそば(¥950?)
柔らかく煮込まれたモツ(ホルモン、ハチノスなど)がたっぷり入った、とろみのある辛いそば。案内がなかったので標準的な辛味で食べたが、もっと辛くしてもらえばよかった。
07-11-17_15-37.jpg

●11/15 排骨坦々麺 5辛(¥1,200)
ボリュームたっぷり、満足感は高い。
07-11-15_18-21.jpg

●11/6 汁なし排骨坦々麺 5辛(¥1,1500)
本体もうまいが残った辛くてうまい汁とご飯がうまい。
07-11-06_19-31.jpg

【前回】
ラベル:坦々麺 激辛 再訪
posted by 超ごはん at 14:10| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

ばくだん屋 / 廣島つけ麺

この頃仕事が全力で忙しく、週に3日は会社に泊まりこむような日々が続いていた。そんな最悪のタイミングで風邪を引いてしまう。もうどうにも仕事にならず、緊急のあれこれだけ片付けて午後イチで早退してきた。

風邪と空腹でよろよろしながら一ツ木通りを歩いていたら、「つけ麺100円!」の文字が躍るチラシを渡された。2秒ほど迷ったが、「空腹>体調不良」と判断して行列に並んでみた。

●廣島つけ麺(並・10倍)(¥100 / 通常¥800)

野菜がたっぷり乗った中太ストレート麺に辛いつけダレ。辛さは「5倍が標準」というので10倍を頼んでみたが、20倍ぐらいまでは平気でいけそう。途中で薄まってくると辛味タレを足してくれるので、薄まってもいないのにむやみと足してもらったりした。

07-11-26_13-39.jpg

タレにはあまり深みが感じられず、「酢+醤油+辛味!」みたいなはっきりきっぱりした味だった。たっぷり目の野菜をタレに沈めて食べるのは気分よかったが。

07-11-26_13-40.jpg

もらったチラシには「生ビール100円!(お一人様2杯まで)」と書いてあったので、きっちり2杯枠を消化。300円払ってふらふらと家路に着いた。


味:辛味は大変楽しかったがタレがもう一息な感じ。
 ★★☆
値段:通常価格¥800ならまぁこんなもんか。キャンペーン価格ならもちろん満点だけど。
 ★★☆
店内:コンクリート打ちっぱなしで小さな丸椅子。つけ麺屋に居心地は求めないからいいけど。禁煙っぽい雰囲気だったのはよかった。
 ★★☆

web:
http://bakudanya.net/

地図
ラベル:つけ麺 激辛
posted by 超ごはん at 13:39| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

九州じゃんがら / こぼんしゃん全部入り / 再訪

ニンニク風味が強いという「こぼんしゃん」を求めて再訪。うまいのはうまいんだがやっぱり高いな…。

●こぼんしゃん全部入り(¥1,100)+替え玉(¥150)

07-10-24_13-14.jpg

同じテーブルではガイジン男女計5人が同行日本人に説明を受けながら楽しそうにラーメンをすすっていた。替え玉を待っていたらガイジン女性の「So tasty, but VERY fat...」みたいな発言が聞こえてしまい、大変耳が痛かった。

【前回】

posted by 超ごはん at 13:14| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

かおたん・らーめん / 坦々麺 / 再訪

坦々麺が食べたかったのだが「希須林」まで歩く気力がなかったので、再訪が課題だったよな…と自分に言い訳しつつ近場で手を打ってみた。

●坦々麺(¥850?)

07-10-17_19-41.jpg

具は小松菜とザーサイ。肉?肉は?

予想できたことだがスープは前回と同じのに芝麻醤と辣油。麺も同じ。今度坦々麺が食べたくなったら、ちゃんと歩くことにする。

【前回】

ラベル:坦々麺 再訪 地雷
posted by 超ごはん at 19:41| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

やすべえ / 塩ラーメン特製 / 再訪

小雨がそぼつき肌寒い体育の日、例によって休日出勤していた。この気温ならあったかいラーメンなんていいな。この気温だと遠出するのは大変だな。

そんなリクエストにうってつけだったのが「やすべえでラーメン」。ラーメンには醤油と塩の2種類があるのだが、夜来るとどちらも売り切れていることが多い。何度も来ている割にはやっと初対面。

●塩ラーメン(¥680)+特製(¥300)

07-10-08_13-19.jpg

いまさらながら、なんだ美味いじゃないか。「辛味つけめん(辛味ダブル)」の甘くて辛くてしょっぱくて酸っぱいのに慣れていたからなんだか新鮮。穏やかな塩味はスープのダシを味わうのにぴったりだった。

これは時々選択肢に入れるべきだ、というちょっとした収穫とともに仕事に戻った。空腹は解消したし収穫はあったし、気分よくごりごりと働くぜ。

【前回】

ラベル:塩ラーメン 再訪
posted by 超ごはん at 13:19| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

希須林 / 坦々麺 / 再訪

またしても夕食、今回はノーマルバージョンの5辛を食べてみた。

●坦々麺5辛(¥950)

07-10-01_19-23.jpg

前回の4辛より、さすがにだいぶ辛い。気をつけて食べないとむせる。

季節メニューの「冷やし」はそろそろなくなりそうだが、まだ「汁なし」が未挑戦なのでまた行くことになるだろう。

【前回】
ラベル:坦々麺 再訪
posted by 超ごはん at 19:23| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

一点張 / 辛味噌チャーシュウ麺

急に記事数が増えたのは、仕事が忙しくなって赤坂にいる時間が長くなったから。プログラマが忙しくなると、私の知る限りだいたいみんな急激に痩せるか太るかする。ストレスで食欲がなくなるか、ストレスのはけ口を食欲にするか。

私は悲しいことに後者のタイプらしい。仕事が炎上するたびに体重が増える。それが戻る前に次の火事場がやってくると履けるズボンが減る。でもそんなの関係ねぇ。

●辛味噌チャーシュウ麺(¥900)

07-09-20_21-36~00.jpg

というわけで今日の夕食は味噌ラーメン。希須林の近くはラーメン店が密集し、プチ激戦区になっているような気がしないでもない。

麺:中細やや縮れ、北海道ラーメンとしては普通のタイプ。
スープ:甘みと塩気がちょうどいいまろやかな味噌味に豆板醤で辛味を追加。普段あまり味噌ラーメンは食べないのだが、これは好みの味。
具:茹でたモヤシと絹さやは味噌味と相性がいい。チャーシューは歯ごたえを残したロース肉。薄めのカットが残念だが個人的に好きなタイプ。

丼がやたらと大きくて深く、その結果莫大な量のスープが張ってある。基本的にラーメンは汁まで完食することにしているので大変だった(飲んだのかよ)。メニューは他に塩・醤油ラーメン、チャーハン、餃子。餃子が大ぶりで美味そうだった…んだけど、焼き置きしてあったのは気になった。

味:チャーシューが好み。
 ★★★
値段:チャーシュー麺で千円以下はよい。
 ★★☆
店内:カウンタもテーブルも椅子も重量感のある木で気分がいい。カウンタは禁煙にしろと(以下略
 ★★☆

web:
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g544600n.htm

地図
ラベル:ラーメン 味噌
posted by 超ごはん at 21:36| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

九州じゃんがら / ぼんしゃん全部入り

プログラマという職業からも想像できる通り、私はオタクだ。正確に言うと「オタクだった」かな。ジャンルは自作PCと電子工作少々。Celeron300Aを1.5倍にO/Cしたりとか、師匠にH8のボードをもらってゲーム電卓もどきを作って遊んだりとか、その程度かつトシがバレる感じ。中央通りがピンクと黄色とメイドとコスプレであふれかえる前の時代、月に2〜3度は秋葉原に足を運んでいたこともあった。

そんな秋葉原のもうひとつの楽しみが「九州じゃんがら」。九州ラーメンを食べるのは初めてで、パキパキした細くて硬い麺と白濁した豚骨スープは大きなインパクトだった。

ところが当時、じゃんがらは有名店への階段を上り始めていた。行列が長くなるのと比例して落ちる味のレベル。秋葉原から足が遠のくのと同期して、じゃんがらへの気持ちも冷めていった。

●ぼんしゃん全部入り(¥1,050) + 替え玉(¥150)

07-09-19_15-12.jpg

前置きが長くなったが、そんな思い出の「じゃんがら」が赤坂にもあったので7〜8年ぶりに挑戦。久しぶりのじゃんがらラーメンとして、秋葉原店で出していない「ぼんしゃん」を頼んでみた。

麺:パキパキした極細ストレート。秋葉原で食べていた当時は「卵の殻を練り込んだ」という触書どおりもっと硬かったのだが、さすがにそれはやめたらしい。…アレが好きだったんだけどな。
スープ:とろみのある白濁とんこつはしっかりダシが出てうまい。もっと獣臭いほうが好みだが、そんなの東京じゃ売れないんだろうな。
具:チャーシューは昔も今も変わらず「適当」。メインは大ぶりで甘みの強い角煮。明太子はスープに溶かさず麺と絡めるようにして食べたほうがうまい。


過剰な思い入れを取っ払えば、美味い豚骨ラーメンなのは間違いない。ちょっと高いけど。

味:当時オプション(¥50)の高菜が無料になってよかった。
 ★★★
値段:ボリューム的に替え玉必須なのでコストパフォーマンスは悪い。
 ★☆
店内:狭い。ピーク時はぎゅうぎゅうに相席。禁煙。
 ★★

web:
http://www.kyusyujangara.co.jp/

地図
ラベル:ラーメン 豚骨
posted by 超ごはん at 15:12| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

希須林 / 排骨坦々麺

このとき振られた「某有名店」にチャレンジしてみた。

●排骨坦々麺(¥1,200)

DVC00037.jpg

麺:中細縮れ麺。ちょっとポソポソした感触だけど悪くはない。

スープ:辛さは5段階から選べ、今回は最強のひとつ下の4番。なかなか辛くて汗が出るも普通に食べ進められるレベル。山椒はよくわからなかったが(辛くて)、干し海老が香ばしくコクもありなかなか満足。

具:挽き肉、炒めたモヤシ・ニラ・キクラゲ、それに排骨(豚ロースの唐揚げ)。野菜は炒めてあるのでスープを吸って美味い。排骨は揚げたて、外カリ中ジワでニクスキーも納得。

DVC00038.jpg

麺類にはご飯サービス(おかわり可)、ザーサイ常備でメタボさん大喜び。焼&水餃子、モヤシ炒め、単品排骨など肴メニューも充実で飲ん兵衛嗜好もフォロー。紙エプロンくれるので面倒がらずに装備したほうが幸せになれる。

味:わざわざ行く価値はあった。
 ★★★★
値段:満足度は高いが¥1,200は高い印象を拭えないかな。
 ★★☆
店:カウンタだけ10席と狭い。ランチタイムだけ禁煙。
 ★★

web:
http://www.kisurin.com/

地図
posted by 超ごはん at 19:13| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

揚州商人 / 坦々麺と餃子

仕事が過酷になってきて、ランチのネタもついに土曜日の話になってしまった。

休日出勤のランチ、ラーメンが食べたくてググっていたら、評判のいい店にたどり着いた。刀削麺だの豚骨だの濃い目が続いていたので、魚ベースも食べてみるか、という気分にもなった。

webでは土曜は「ランチのみの営業」「休み」という二つの情報が錯綜している。時間はあるしダメもとで行ってみるか…とTBSの敷地をぐるっと一周し、たどり着いたら案の定休み。

前置きが長くなったが、セカンドチャンスとして考えていた店に入って頼んだのがこの坦々麺と餃子、というわけなのである。

●坦々麺(¥880)、餃子(¥350)

07-09-01_14-26.jpg


オーダー後3分で餃子が出てきた。

07-09-01_14-27.jpg

サイズはまぁ普通。おかしいな、このサイズの餃子がこんな短時間に焼けるわけがないんだが…と思ったら、見事な効率主義調理。餡からは肉汁が抜けきり、皮はでろでろでところどころ破れている。ひだのついたはじっこは軽くカピカピになっている。これってやっぱり、あらかじめ蒸してあるかチンしてあるかのブツを焼きなおしただけだよな。

07-09-01_14-29.jpg

坦々麺のほめるべきポイントは「ゴマが濃い」。コクは足りない、山椒は効いてない、辛味も足りないと坦々麺としては致命的なスープ。麺も青菜(ほうれん草)もゆですぎでふにゃふにゃ。以前平日に通りかかったときは並んでたのでスルーして「いつか来よう」と思ってたんだけど…どゆこと?

ホール係のおねーちゃんと厨房のおにーちゃんは中国語で言い争いしてるし、ボックス席のカップルは注文忘れさられてるし、終始いたたまれない気分のまま店を後にした。

味:頑張って「いいとこ探し」したんだけどなあ。
 ★☆
値段:安くはない。味を体験したあとならなおさら…
 ★☆
店内:店員がケンカするな、ダンボールは片付けろ、注文は忘れるな。
 ★

web:
http://www.whistle-miyoshi.co.jp/yousyuu/menu_2.html

地図
ラベル:坦々麺 餃子 地雷
posted by 超ごはん at 14:26| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

赤坂ラーメン / チャーシュー麺

過去に向かって書くばかりでもつまらないので、さっき食べてきた夜食の記事を書いてみる。…夜食にしちゃちょっとヘヴィなメニューなんだけど。

●チャーシュー麺(¥1,030)

DVC00028.jpg

テレビ局が近いせいか店内は芸能人のサインだらけ。食券を買ってカウンタに座ったら、全員サービスらしきもやしのナムルが出てきた。

塩味の白濁とんこつスープには九州ラーメンのような獣っぽさこそないが、物足りなく感じないほどにはこってりとしている。太目の縮れ麺に青菜・海苔という組み合わせはちょっと「家系」っぽい。ばら肉のロールチャーシューは私の好みよりちょっと柔らかいが、ちょうどよい濃さの味がついて美味い。山くらげという山菜が乗っていて、これがまたコリコリと美味い。

カウンタにはおろしニンニクと豆板醤、そして小口切りの長ネギが入れ放題。「味変」のネタには事欠かない。

久しぶりのとんこつラーメンにはなかなか満足。全体的に値段が高めなのが非常に惜しい。美味いモノが食いたければそれなりの対価を払え、ってことなんだろうか。…「赤坂料」じゃなくて?

味:とんこつ好きなら一度試す価値あり。
 ★★★☆
価格:チャーシュー麺が千円超えはツラいかな。
 ★★
店内:椅子・カウンタが高く、全体的に狭い。ランチタイム以外喫煙。
 ★★☆


web:
http://www.akasakaramen.com/index2.html

地図
ラベル:ラーメン 豚骨
posted by 超ごはん at 19:28| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

陳麻家 / 冷やし坦々麺

割引券を兼ねた団扇を配っていたので記憶の片隅にあった店。いざ行ってみよう…と思ったら、その団扇はすでに隣席の人妻にプレゼント済みだった。私は割引券の類と相性が悪いらしい。

●冷やし坦々麺+陳麻飯セット(¥980)

07-08-08_13-06.jpg

冷やし坦々麺はゴマの香りがしっかりして、味はよかった。麺の水切りが甘く最後のほうは水っぽくなってしまったこと、レタスの切り方が荒いので食べにくかったことが残念。

陳麻飯は要するに「麻婆豆腐ぶっかけご飯」。店頭やメニューの写真と比べると、ひき肉の量が少なくちょっと物足りない感じ。

私は以前「龍高飯店」の坦々麺を食べつけていたので、坦々麺についてはハードルが上がってしまっているのかもしれない。自分で「汁なし坦々麺」を作るのにハマっていた時期もあったし。


味:近くにあるなら時々食べてもいいかな、ぐらい。
 ★★★
値段:陳麻飯がメインのセットならもっと安いんだけど。
 ★★☆
店内:開けっ放しで暑かった。
 ★★


web:
http://www.chin-ma-ya.com/

地図
ラベル:坦々麺
posted by 超ごはん at 13:06| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

かおたん・らーめん / チャーシュー麺

たまたま上司とランチの話になったとき、残業食でよく利用する、と教えてもらったラーメン屋…というより中華屋。いつかランチで行ってみようと思っていたのに、気がついたら同じく残業食で利用していた。おかしいな。

●チャーシュー麺(価格失念 / 850くらいか)

07-07-18_19-52_00.jpg

チャーシューは美味かったが、それ以外はどうもピンとこない。ぐちゃっとした茹で上がりの麺とか、一本だけ紛れ込んだモヤシとか、丁寧な感じは受けなかったし。

あとで聞いてみると「定食系がいい」とか「坦々麺が美味い」とかの情報を得ることができた。下調べ重要である。

味:坦々麺で評価すべき…なんだろうが再訪する勇気がどうも。チャーシューは美味かった。
 ★☆
値段:失念しちゃったが無法に高くはなかったような。
 ★★☆
店内:夜食タイムは居酒屋っぽいし、床はぺとぺとしてるし。
 ★☆

web:
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/4719.html

地図
ラベル:ラーメン 地雷
posted by 超ごはん at 19:52| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

やすべえ / 辛味つけ麺

以前勤めていた高田馬場で時折行ってたつけ麺屋を、職場の近くで発見。手ごろな近さと大盛・中盛無料というメリットから、またしても時折行くようになった。

●辛味つけ麺(¥680)+やすべえ特製(¥300)
 …辛味ダブル・中盛

07-07-17_19-37.jpg

…未経験の方にはシステムが「なんのこっちゃ」だな。

味は「醤油」「辛味」「味噌」「辛味噌」。「辛」がつくメニューには「辛味ダブル」オプション(無料)あり。
麺は並盛(220g)・中盛(330g)・大盛(440g)が同価格、特盛(550g)は+¥100。
「やすべえ特製」はトッピングで、いわゆる「全部入り」。味玉・チャーシュー・水餃子・野菜(ゆでたモヤシとキャベツ)・焼のり。それぞれ単品(¥50〜300)あり。

麺はむっちり太くボリュームは文句なし。味もなかなか。スープは魚介と豚骨でしっかり出ている…が、とにかく甘みが強い。ノーマルでは後半飽きてくるので私は「辛味」オンリー。味変グッズは刻みタマネギと鰹節粉。具は柔らかく煮えたチャーシューがメインで、適宜崩しながら麺と絡めて食べるのが楽しい。

こうやって冷静に記事にしてみると、なんてジャンクな食い物なんだろう。こんなもの夜食べるなんてメタボへの近道なのは重々承知だけど、仕事で疲れた心身には貴重な栄養なのである。

味:そういえばラーメンもあるのに食べたことないな。
 ★★★☆
値段:トッピング載せると安いわけじゃないけど、ボリュームには満足できる。
 ★★★
店内:カウンターが狭くて高い。禁煙なのでポイントアップ。
 ★★★

web:
http://www.yasubee.com/

地図
ラベル:つけ麺 大盛
posted by 超ごはん at 19:37| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

山王流 / ネギチャーシュー麺

仕事で外出して溜池山王からの帰り道に発見。同僚たちとぞろぞろ入ってみた。

●ネギシャーチューメン(¥1,000くらい)

07-06-01_13-16.jpg

いわゆる「家系」。太目のもっちしりた麺、こってりした豚骨醤油スープ、チャーシューと海苔。こってりがっつりした、どちらかというと男性的な食い物である。

ところで私は以前、高田馬場の会社に勤務していた。その馬場にある「千代作」という家系ラーメン店に通っていたので、こと家系に関してはここが味の基準になっている。横浜が本場?行動範囲外なので知りません。「武蔵家」も「洞くつ家」も食べたけど。

おっと脇にそれた。というわけで馬場に通わなくなって以来久しぶりに食べる家系…だったのだが、全体的には「家系系」(いえけいけい…わかりにくい)。家系風味とか家系ワナビーとか、そんな印象だった。

とにかくこってりしていて味も濃い。カウンタにはニンニクも豆板醤も用意されているので、その手の食べ物をカラダが要求しているときにはいいかもしれない。

味:バイトじゃしょうがないが、もう少し丁寧に作ればいいのに。
 ★★☆
値段:「千代作」はチャーシュー麺が¥700なんだけど。
 ★★
店内:カウンタのみ、厨房丸見え。禁煙なのはよかったよかった。
 ★★☆

web:
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13015380/

地図

ラベル:ラーメン 家系
posted by 超ごはん at 13:16| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

麦屋のらーめんJAPAN / 東京ラーメン

地雷情報。

07-05-30_13-45.jpg

●東京ラーメン(¥900)

07-05-30_13-35.jpg

ライス(なんか炊き込みご飯らしい)が無料だって言うので頼んだら、忘れてて出てこないわ催促したらムッとされるわ、挙句出てきたのはなぜか冷たい炊き込みご飯。先に出てきたラーメンで絶望していたところに追い討ち空中コンボを入れられてしまった。

後日同僚とランチの話になったら、誰もが一度は引っかかるトラップだったらしい。コミュニケーションって重要ね。

味:スーパーで売ってる生ラーメン?
 ☆
値段:スーパーで売ってる生ラーメンなら5〜6食は買える。
 ☆
店内:普通の接客をして欲しいだけなんだけど。
 ☆

地図
ラベル:ラーメン 地雷
posted by 超ごはん at 13:44| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。