2007年09月29日

天下一 / スタミナ定食

以前勤務先が神谷町だった頃、終業後の一杯は駅近くのラーメン屋「天下一」が定番だった。大ぶりの餃子を中心に一品料理をいくつか頼み、乾杯生ビールのあとウーロンハイを飲むというスタイル。そりゃ体重も増えるってもんだ。

その「天下一」、ラーメンや定食の味は普通だが、餃子がとてもうまかった。大ぶりの皮にニンニクを容赦なく入れた餡をみっしりと包み、底面だけカリッと焼き上げられている。そんな餃子をもりもり食べながら上層部の批判をしていたらその上層部が同じ店にやってきてお通夜状態、なんてのも今となってはいい思い出。

また前置きが長くなったが、そんなちょっとした思い入れのある「天下一」を赤坂にも発見したので入ってみた。遅い夏休みの真っ最中、土曜日のランチとして…。

●スタミナ定食(¥800)+餃子(¥290)

07-09-29_13-42.jpg

「スタミナ」は卵・豚ばら肉・ニラ・タマネギ・にんじんの肉野菜炒め。
07-09-29_13-43.jpg
とにかく油っこくてとにかくしょっぱい。そして特筆すべきは「肉の少なさ」。スタミナって言うから肉を期待していたのに…。

07-09-29_13-44.jpg

そして餃子。サイズこそ神谷町で食べていた餃子と同じだが、食べた瞬間がっかり。焼き方は下手だし具は少ないし、休日出勤だからOK!と思っていたニンニクも香ってこない。

しょんぼりしながら店を出て仕事に向かった。あのときの餃子は幻だったのか?そのうち確かめに行ってみよう。

味:中華なんだからザーサイつけてほしい。
 ☆
値段:餃子は半額キャンペーンで普段は¥570。
 ★☆
店内:チェーンの中華屋ならこんなもの。禁煙という概念もなし。
 ★

web:
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13015103/

地図
ラベル:中華 餃子 地雷
posted by 超ごはん at 13:42| 中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

いさご鮨 / 特盛にぎり

昼も夜も外食が続いている今日この頃。ちなみに朝食も「吉そば」とか「大戸屋」とかが増えてるぞ(泊まり明けで)。「やすべえ」にはこの2週間で3回行ってるぞ(ネタ切れで)。

そんな状態で赤坂通りをへろへろと歩いていると、寿司の看板が目についた。ランチメニューは無理のない値段。よし、試してみるか。

●特盛にぎり(¥980)

07-09-21_13-56.jpg

もうすぐオーダーストップという暇持て余し気味な時間帯、板さんが二人がかりで握り進めてくれたのは全部で10貫+巻物少々。「特盛」はちょっと言いすぎだが、ボリュームは悪くない。写真撮り損ねたが味噌汁がつく。

味は…まぁこんなもんか…なぁ。ネタは小ぶりで、悪いものじゃないが決してよくもなく。シャリもあわせて小ぶりで、マグロを食べようとしたら真っ二つに折れた。食べながらの印象は「覇気のない寿司だなぁ」。

粛々と食べていたら店内の張り紙に気がついた。来週閉店して別業態(和食割烹)に改装するんだそうな。なるほど覇気がないのはそういう理由だったのか!とひとりで納得し店を出た。千円のランチ寿司は「魚がし日本一」がなかなかよかったので期待していたのだが…って、赤坂にもあるじゃないか。今度行ってみよう。

味:ガリがあんまり美味しくなかったのでマイナス[☆]。
 ★☆
値段:妥当といえば妥当。
 ★★☆
店内:ごくふつう。禁煙表示はなかったが灰皿もなかった。
 ★★☆

web:
http://www.isago.jp/

地図

そういえば以前、とある理由でここの仕出を食べたんだった。もっと早く思い出すべきだったかしら。

07-08-22_11-54.jpg
ラベル:寿司
posted by 超ごはん at 13:56| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

一点張 / 辛味噌チャーシュウ麺

急に記事数が増えたのは、仕事が忙しくなって赤坂にいる時間が長くなったから。プログラマが忙しくなると、私の知る限りだいたいみんな急激に痩せるか太るかする。ストレスで食欲がなくなるか、ストレスのはけ口を食欲にするか。

私は悲しいことに後者のタイプらしい。仕事が炎上するたびに体重が増える。それが戻る前に次の火事場がやってくると履けるズボンが減る。でもそんなの関係ねぇ。

●辛味噌チャーシュウ麺(¥900)

07-09-20_21-36~00.jpg

というわけで今日の夕食は味噌ラーメン。希須林の近くはラーメン店が密集し、プチ激戦区になっているような気がしないでもない。

麺:中細やや縮れ、北海道ラーメンとしては普通のタイプ。
スープ:甘みと塩気がちょうどいいまろやかな味噌味に豆板醤で辛味を追加。普段あまり味噌ラーメンは食べないのだが、これは好みの味。
具:茹でたモヤシと絹さやは味噌味と相性がいい。チャーシューは歯ごたえを残したロース肉。薄めのカットが残念だが個人的に好きなタイプ。

丼がやたらと大きくて深く、その結果莫大な量のスープが張ってある。基本的にラーメンは汁まで完食することにしているので大変だった(飲んだのかよ)。メニューは他に塩・醤油ラーメン、チャーハン、餃子。餃子が大ぶりで美味そうだった…んだけど、焼き置きしてあったのは気になった。

味:チャーシューが好み。
 ★★★
値段:チャーシュー麺で千円以下はよい。
 ★★☆
店内:カウンタもテーブルも椅子も重量感のある木で気分がいい。カウンタは禁煙にしろと(以下略
 ★★☆

web:
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g544600n.htm

地図
ラベル:ラーメン 味噌
posted by 超ごはん at 21:36| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やげん亭 / カツカレー

とんかつは好きだ。カレーは大好きだ。だからカツカレーも好きだ。

●カツカレー(¥950)

07-09-20_13-29.jpg

…にしたところで登場頻度が高すぎるだろう、という気がしないでもないが。カテゴリ「カツカレー」が必要か?

カツはロースかヒレ、付け合せは味噌汁かサラダが選べる。ロースと味噌汁をオーダーして待つことしばし。メニュー写真では皿だったのに、どんぶりで出てきてちょっと驚く。付け合せは大根の浅漬け、ラッキョと福神漬け、味噌汁は小さな蜆。

ロース肉は柔らかく、揚げ具合もちょうどいい。だが肉がかなり薄く衣が厚めについているので、衣の油っぽさが気になってしまった。

07-09-20_13-32.jpg

断面はこんな感じ(切り身を立ててみた)。一番右のは小さな「別肉」。サイズ調整のためについていたらしい。

カレーは…怒らないから正直に言ってごらん。これ、業務用のレトルトだよね?



味:とんかつの定食にするべきだったか。
 ★★
値段:この味ならもっと安くならないもんだろうか。
 ★★
店内:厨房にデッキブラシかけるのは客がいないときに頼みます。そしてランチタイムは禁煙希望。
 ★☆


web:
http://r.gnavi.co.jp/g942100/

地図
ラベル:とんかつ カレー
posted by 超ごはん at 13:32| カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

九州じゃんがら / ぼんしゃん全部入り

プログラマという職業からも想像できる通り、私はオタクだ。正確に言うと「オタクだった」かな。ジャンルは自作PCと電子工作少々。Celeron300Aを1.5倍にO/Cしたりとか、師匠にH8のボードをもらってゲーム電卓もどきを作って遊んだりとか、その程度かつトシがバレる感じ。中央通りがピンクと黄色とメイドとコスプレであふれかえる前の時代、月に2〜3度は秋葉原に足を運んでいたこともあった。

そんな秋葉原のもうひとつの楽しみが「九州じゃんがら」。九州ラーメンを食べるのは初めてで、パキパキした細くて硬い麺と白濁した豚骨スープは大きなインパクトだった。

ところが当時、じゃんがらは有名店への階段を上り始めていた。行列が長くなるのと比例して落ちる味のレベル。秋葉原から足が遠のくのと同期して、じゃんがらへの気持ちも冷めていった。

●ぼんしゃん全部入り(¥1,050) + 替え玉(¥150)

07-09-19_15-12.jpg

前置きが長くなったが、そんな思い出の「じゃんがら」が赤坂にもあったので7〜8年ぶりに挑戦。久しぶりのじゃんがらラーメンとして、秋葉原店で出していない「ぼんしゃん」を頼んでみた。

麺:パキパキした極細ストレート。秋葉原で食べていた当時は「卵の殻を練り込んだ」という触書どおりもっと硬かったのだが、さすがにそれはやめたらしい。…アレが好きだったんだけどな。
スープ:とろみのある白濁とんこつはしっかりダシが出てうまい。もっと獣臭いほうが好みだが、そんなの東京じゃ売れないんだろうな。
具:チャーシューは昔も今も変わらず「適当」。メインは大ぶりで甘みの強い角煮。明太子はスープに溶かさず麺と絡めるようにして食べたほうがうまい。


過剰な思い入れを取っ払えば、美味い豚骨ラーメンなのは間違いない。ちょっと高いけど。

味:当時オプション(¥50)の高菜が無料になってよかった。
 ★★★
値段:ボリューム的に替え玉必須なのでコストパフォーマンスは悪い。
 ★☆
店内:狭い。ピーク時はぎゅうぎゅうに相席。禁煙。
 ★★

web:
http://www.kyusyujangara.co.jp/

地図
ラベル:ラーメン 豚骨
posted by 超ごはん at 15:12| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

○福(まるふく) / 福福定食

「休日出勤の夕食」というテーマで店を探すと、赤坂界隈はとたんに荒野と化す。「休日の夕食」ならいいんだけど…。

そんなビールの飲めない土曜の夕方、看板だけは認識していた店にトライしてみた。向かいの「オリジン弁当」よりは楽しい夕食になりますように。

●福福定食(¥750)

07-09-15_20-17.jpg

メインは豚ばら肉・豆腐・ニラ・ごぼうを豆板醤で炒めたもの。それにご飯、スープ、白菜の浅漬けで定食となっている。

もうとにかく何もかもがしょっぱい。毎食これなら生活習慣病への最短距離じゃないだろうか。浅漬けまで過剰にしょっぱいのには驚いた。

07-09-15_20-17~00.jpg

そして全体に漂う「アマチュア感」。お母さんが料理苦手な友達の家に遊びに行った感じ、という書き方で伝わるといいんだけど。

店の収支を考えると閉めたほうがいいような時間帯に食事させてくれたことには感謝する。感謝するんだけども、もう一度お邪魔するかどうかはわかりませんごめんなさい。付け合せのスープでラーメンの味も想像ついちゃったし。

味:使ってる豆板醤はたぶんユウキ食品のだな、とか推測できてしまうのも物悲しい。
 ★☆
値段:¥580の定食なんかもあって、値段はまぁまぁ。
 ★★
店内:よくある町の中華屋さん。混んでるときには入りたくない(灰皿あったからね)。
 ★☆

web:
http://ramendb.supleks.jp/shop/11950

地図
posted by 超ごはん at 20:17| 中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

希須林 / 排骨坦々麺

このとき振られた「某有名店」にチャレンジしてみた。

●排骨坦々麺(¥1,200)

DVC00037.jpg

麺:中細縮れ麺。ちょっとポソポソした感触だけど悪くはない。

スープ:辛さは5段階から選べ、今回は最強のひとつ下の4番。なかなか辛くて汗が出るも普通に食べ進められるレベル。山椒はよくわからなかったが(辛くて)、干し海老が香ばしくコクもありなかなか満足。

具:挽き肉、炒めたモヤシ・ニラ・キクラゲ、それに排骨(豚ロースの唐揚げ)。野菜は炒めてあるのでスープを吸って美味い。排骨は揚げたて、外カリ中ジワでニクスキーも納得。

DVC00038.jpg

麺類にはご飯サービス(おかわり可)、ザーサイ常備でメタボさん大喜び。焼&水餃子、モヤシ炒め、単品排骨など肴メニューも充実で飲ん兵衛嗜好もフォロー。紙エプロンくれるので面倒がらずに装備したほうが幸せになれる。

味:わざわざ行く価値はあった。
 ★★★★
値段:満足度は高いが¥1,200は高い印象を拭えないかな。
 ★★☆
店:カウンタだけ10席と狭い。ランチタイムだけ禁煙。
 ★★

web:
http://www.kisurin.com/

地図
posted by 超ごはん at 19:13| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

スープカレー「心」 / チキンカレー

ランチの記録を始めたつもりのblogなんだけど、気がついたらディナーの記録が増えてきた。仕事が立て込んできたので帰宅が遅くなり、ゴハンをガマンできないのである。

そんな忙しいある夜、そぼつく小雨にげんなりしながら夕食を求めて歩いていると、スープカレーの幟が目に付いた。歩くのも飽きたし空腹も限界だし、第一カレーを嫌いなプログラマがいて?ということで挑戦してみることにした。

●チキンのスープカレー(¥880)

DVC00025.jpg

ハーブ(たぶんオレガノ)が浮いたスープにゆで卵、ニンジン、ピーマン、素揚げしたジャガイモ。チキンは中ぐらいのサイズのもも肉がごろりと1枚、スプーンで切れる程度まで煮込まれている。辛さは0〜100まで選べ、10までは無料。ご飯は白米と玄米が選べ、中盛りまで無料。今回は辛さ5番、玄米中盛りでオーダーしてみた。

スパイスとかダシとかから強烈なインパクトはなく、ああなんだかサラサラしたカレーだな、というのが第一印象。でも飽きずに最後まで楽しめたし、食べ終わってからまた来てもいいかな…と考えたし、美味しいことには間違いないんだろう。

DVC00026.jpg

辛さ5番は物足りなかった。いきなり10番でもよかったか?玄米ご飯は予想以上にマッチして楽しかった。チキンはそれほどいい肉じゃないみたいだけど、歯ごたえと柔らかさがなかなかよいバランスで煮込まれていた。

店員男子と店員女子(たぶん女子が先輩)がなにやらツンデレトークを繰り広げてるのがちょっと気になったが、仕事の合間の食事としてはなかなか楽しめた。「納豆とオクラ」だの「イカとほうれん草(イカ墨)」だの琴線を震わすもろもろもメニューにあるので、次はちょっと突飛なのに挑戦してみようかな。


味:まぁカレーには寛容なんだけど。
 ★★★☆
値段:妥当だと思うがお得感はない。赤坂は物価高いし(今更)。
 ★★
店:内装はきれいで紙エプロンくれる。ツンデレトークと無差別喫煙なのがかなりマイナス。
 ★★☆

web:
http://www.cocoro-soupcurry.com/

地図
posted by 超ごはん at 19:33| カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

松乃家 / 特選とんかつ定食 / 再訪

いろいろ書いたわりにはすぐ再訪。同僚にちょっと相談ごとがあったので、近くて空いてるところがよかったという事情もあったので。

●特選とんかつ定食(¥780)

07-09-06_13-21.jpg

ご飯・キャベツはお代わり自由。とんかつはたぶんカツカレーに乗ってきたのと同じものだな。とある恐怖感さえ払拭できれば悪くない選択肢。

前回
posted by 超ごはん at 13:21| 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

松乃家 / カツカレー

通りかかるたびに若干気になっていたのだが、サンプルケースに並んでるメニューは最低が¥1,200だったので「高いなぁ」と敬遠していた。ふと気づいたら「カツカレー」(¥850)と「特選とんかつ定食」(¥780)が追加されていたので試してみた。

●カツカレー(¥850)

07-09-03_19-33.jpg

サラッとしてフルーツが効いたカレーに、割としっかり厚みのあるロースカツが乗っている。注文時にご飯大盛り無料だけど?と聞かれてつい頼んでしまい、だいぶルーが足りない感じになった。

うん、まぁ手堅く美味しい。だけどなんだかファクトリメイドな感じがするなぁ…と思いながら支払いをしていたら、お客様カードみたいなのに「松屋フーズ」の文字が。ああなるほど…って、大丈夫なのか?

 # 松屋の復活牛めしは中国産…と知って以来なんだか恐怖感が。

味:もう少し辛いか辛くする手段があるといいんだけど。
 ★★☆
値段:他のメニューの高さはどういうことなんだろう。
 ★★☆
店:カウンタで食べてる隣で喫煙する人間の神経を疑う。禁煙にしない店の神経も疑う。
 ★★

web:
http://www.matsuyafoods.co.jp/shop/tonkatsu.html#matsunoya_top
http://g.pia.co.jp/shop/81889?view=menu

地図
ラベル:とんかつ カレー
posted by 超ごはん at 19:33| カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

揚州商人 / 坦々麺と餃子

仕事が過酷になってきて、ランチのネタもついに土曜日の話になってしまった。

休日出勤のランチ、ラーメンが食べたくてググっていたら、評判のいい店にたどり着いた。刀削麺だの豚骨だの濃い目が続いていたので、魚ベースも食べてみるか、という気分にもなった。

webでは土曜は「ランチのみの営業」「休み」という二つの情報が錯綜している。時間はあるしダメもとで行ってみるか…とTBSの敷地をぐるっと一周し、たどり着いたら案の定休み。

前置きが長くなったが、セカンドチャンスとして考えていた店に入って頼んだのがこの坦々麺と餃子、というわけなのである。

●坦々麺(¥880)、餃子(¥350)

07-09-01_14-26.jpg


オーダー後3分で餃子が出てきた。

07-09-01_14-27.jpg

サイズはまぁ普通。おかしいな、このサイズの餃子がこんな短時間に焼けるわけがないんだが…と思ったら、見事な効率主義調理。餡からは肉汁が抜けきり、皮はでろでろでところどころ破れている。ひだのついたはじっこは軽くカピカピになっている。これってやっぱり、あらかじめ蒸してあるかチンしてあるかのブツを焼きなおしただけだよな。

07-09-01_14-29.jpg

坦々麺のほめるべきポイントは「ゴマが濃い」。コクは足りない、山椒は効いてない、辛味も足りないと坦々麺としては致命的なスープ。麺も青菜(ほうれん草)もゆですぎでふにゃふにゃ。以前平日に通りかかったときは並んでたのでスルーして「いつか来よう」と思ってたんだけど…どゆこと?

ホール係のおねーちゃんと厨房のおにーちゃんは中国語で言い争いしてるし、ボックス席のカップルは注文忘れさられてるし、終始いたたまれない気分のまま店を後にした。

味:頑張って「いいとこ探し」したんだけどなあ。
 ★☆
値段:安くはない。味を体験したあとならなおさら…
 ★☆
店内:店員がケンカするな、ダンボールは片付けろ、注文は忘れるな。
 ★

web:
http://www.whistle-miyoshi.co.jp/yousyuu/menu_2.html

地図
ラベル:坦々麺 餃子 地雷
posted by 超ごはん at 14:26| ラーメン / つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。